バナナは栄養価が高いフルーツです。

子供のおやつや小腹が減ったときに食べるフルーツとしてとても便利ですよね。

 

そんなバナナに身長を伸ばす効果があるのでは?

という疑問がわいてきていませんか?

 

バナナに身長を伸ばす効果があるの?

バナナは値段も安いですし、おいしいので子供のおやつにピッタリだと考えてしょっちゅう食べさせてしまいますよね。

 

そんなバナナに身長を伸ばす効果があるならいいのにということで調べてみました。

 

バナナに含まれる栄養素は、

タンパク質、カリウム、マグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、食物繊維、ポリフェノール、セロトニンです。

 

この中で、身長を伸ばすのに関係してくる栄養素は、タンパク質、マグネシウムとビタミンB6です。

 

骨を構成する栄養素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウムです。

この中でタンパク質とマグネシウムを摂取できるのです。

 

特に、マグネシウムは、身長を伸ばすのに良いとされる乳製品には含まれません。

 

身長を伸ばすのに、カルシウムとマグネシウムは2対1の量が必要とされるもの。

 

そのため、マグネシウムをたくさん摂取できるバナナは身長を伸ばすために、牛乳、煮干しなどカルシウムを含む食品と一緒に食べると身長を伸ばす効果が高まるんです。

 

牛乳にバナナをミックスさせたりして飲むことがおすすめ。

 

また、ビタミンB6は、タンパク質の分解や合成に役立つ成分です。タンパク質は、骨だけでなく皮膚や筋肉など全身を作るのに必須の栄養素。それを助けるビタミンB6はとても大切な栄養素です。

 

バナナは、これらの2つの栄養素であるマグネシウムとビタミンB6が入っているという理由で身長を伸ばすのにお勧めできる食べ物ですね。

 

効率よく身長を伸ばす方法は?

バナナにマグネシウムやビタミンB6が含まれるからと言っても、バナナだけでは十分に身長を伸ばす効果は期待できません。

 

効率よく身長を伸ばすためには、各栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

骨を作るタンパク質、カルシウム、マグネシウムだけでなく、アルギニンや亜鉛。それにビタミン類、ミネラル類も同様です。

 

どの栄養素も相互に関係しているので、どの栄養素もバランスよく取り入れなくてはいけません。

子供の身長を伸ばす栄養素!背が伸びる効果のある栄養素や食べ物を徹底紹介!

 

もし、子供が好き嫌いがあったり、外食をしてしまうのなら、栄養に偏りが生じてしまいます。

そんな子供の栄養面をサポートするために作られているのが身長サプリです。

 

たくさん出ている身長サプリを徹底的に調べてみてランキングで紹介しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

身長を伸ばす方法・身長サプリランキング

 

また、子供の身長を伸ばすためには、栄養素だけではなく、運動や睡眠にも気を付ける必要があります。

 

身長を伸ばすのに正しい運動は、骨の端にある骨端線部分に程よい刺激を与える運動。ジャンプ運動や有酸素運動が効果的。

バスケットボールやバレーボール、ジョギング、縄跳びが身長を伸ばすのにお勧めな運動です。

身長と運動の関係は?運動するのがおすすめな時間帯は?

 

質の高い睡眠は、寝ている間に成長ホルモンが十分に分泌され身長を伸ばす効果が高まります。睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌も活発となり、思春期の到来を遅らせることができて、身長が伸びる成長期の期間を伸ばすことができます。

質の高い睡眠は、早寝早起きの生活習慣で、日中シッカリと運動して程よく疲れることで得られることができます。夜も明るい場所にはいかず、早めに寝るようにしてくださいね。

身長を伸ばす睡眠!成長期の子供の必要な睡眠時間や実践すべき睡眠方法は?

 

以上の「栄養素」「運動」「睡眠」に気を付けて正しい生活を送ることで身長をぐんぐん伸ばす効果が高まってくるのです。

 

さいごに

バナナは栄養価の高いフルーツです。マグネシウムが多く含まれているので、牛乳と一緒に食べると、カルシウムの吸収効率を高めることができるようになります。

 

しかし、身長を伸ばすためには、他の食品もバランスよく食べるようにしてくださいね。

 

食事、運動、睡眠を正しくして、子供の身長をぐんぐん伸ばしていきましょう。