タンパク質は、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素の中で最も重要な栄養素の一つです。

 

子供の身長が思ったよりも伸びていない。

部活動に頑張っている子供をサポートしたい。

 

とあなたが考えるなら、毎日の食事をタンパク質が多い食事に変えてみるのも子供の身長を伸ばす方法の一つです。

 

タンパク質とは?

タンパク質とは、3大栄養素の一つで、人の体の5分の1はタンパク質からできています。

 

タンパク質を構成するアミノ酸は20種類あり、9種類は体内で合成することができないアミノ酸です。

 

タンパク質には、動物性タンパク質と食物性タンパク質があります。
動物性タンパク質は脂質が多く、食べ過ぎると脂質の取りすぎにより肥満に注意する必要が出てきます。

タンパク質は、成長のためには必須の栄養素です。そのため、効率よくタンパク質を摂取するため、タンパク質を含む、肉類、魚類、豆類、乳製品、卵などをバランスよく摂取しておくことがオススメなのです。

 

タンパク質で身長を伸ばす!

タンパク質は、体を作る栄養素。骨の構成要素であり、身長を伸ばす栄養素として知られます。

骨を作る構成要素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウムです。この中でタンパク質はとても重要で、骨の土台となるものです。

骨はカルシウムから作られていると、昔から教え込まれていましたが、実は、タンパク質がとっても重要で、カルシウムよりもシッカリ摂取しておくべき栄養素なんです。

 

また、タンパク質の構成物質のアミノ酸の中のアルギニンは、身長を伸ばすカギを握る栄養素です。

統計学的な調査で、タンパク質とアルギニンの摂取量が子供の成長に依存することが分かっています。

そして、タンパク質よりも強く影響するのがアルギニンなのです。

 

さらに、タンパク質もアルギニンも食べすぎると、身長の伸びのバラツキが大きくなります。つまり、個人差のため伸びにくい子供が出てくるのです。

動物性タンパク質を取りすぎることにより、脂質をたくさん摂取することも、太ってしまい身長が伸びなくなることの理由です。

 

そのため、身長を伸ばすためには肉類だけでなく、豆類、乳製品、卵など、タンパク質を摂取するためにバランスよく食品を食べることが大切なことなんです。

 

タンパク質の効果!

タンパク質には、子供の身長を伸ばして骨を成長させるものだけではなく他にも様々な効果があります。

皮膚、筋肉などの構成要素もタンパク質であり、体の免疫力を高める効果もあります。

 

また、食物性タンパク質にはコレステロールを下げる効果も期待できます。

 

さらに、タンパク質の構成物質のアミノ酸の一つのアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンが分泌されることで、骨が成長する骨端線部分での細胞分裂が活発になるために身長が伸びることに繋がるんです。

 

タンパク質は、骨を作る構成要素だけでなく、体を作るものであり、綿英気力を高めるもの、そして、ホルモンの分泌にも関係してきます。

 

タンパク質は、子供が健全に成長するために、とても大切な栄養素なんです。

 

タンパク質を多く含む食品!

タンパク質を多く含む食品は、肉類、魚類、豆類、乳製品、卵などです。

各食品の100グラム当たりタンパク質の量は、

肉類

豚もも肉:20.5グラム、牛ひき肉:19グラム、牛もも肉:20,5グラム、ささみ:23.0グラム

魚類

煮干し64.5グラム、しらす干し:40.5グラム、イワシ:25.8グラム、アジ:27グラム、サンマ25グラム、マグロ:26グラム、カツオ:25グラム

豆類

高野豆腐49.4グラム、納豆1パック:8.3グラム

乳製品

牛乳:6.8グラム、チーズ:タンパク質25グラム

 

1日に必要なたんぱく質の量は?

1日に必要なたんぱく質の必要推奨量は、

 

1-2歳20グラム

3-5歳25グラム

6-7歳35グラム

8-9歳40グラム

10-11歳50グラム

12-14歳男子60グラム女子55グラム

15-17歳台石65グラム女子55グラム

18-29歳男子60グラム女子50グラム

 

となっています。

また、6歳から13歳までの身長に影響する栄養素の評価結果によると、この年齢の子供で、1日当たり65グラムから79グラム摂取した子供で身長の伸びが最大になることが分かっています。

 

13歳までは、1日79グラム以上を食べると、身長の伸びが小さくなるので、タンパク質の摂取量をこの範囲内になると効果的です。

厚生労働省の推奨量が実際の評価結果よりもかなり少ないです。普通に子供が摂取するタンパク質が、厚生労働省の出している推奨量を基準にしているなら、身長を伸ばすためのタンパク質の量としては十分でなくなります。

 

詳細は次のページにまとめました。

健康な子供の身長の伸びとアルギニンは統計学的に関係あり!

 

タンパク質の効果を高めて身長を伸ばすためには?

タンパク質が身長に大きな影響を与えることが分かってきましたね。

そして、タンパク質を食べて子供の身長を伸ばす効果を高めるためには、タンパク質の分解や合成を助ける栄養素であるビタミンB6を一緒に摂取することです。

 

ビタミンB6を多く含む食品は、ほうれん草、カボチャ、ブロッコリー、ニンジン、緑黄色野菜、牛乳、レバーなどです。

 

また、肉類をたくさん食べると脂質のため高カロリー摂取で太ってしまう可能性があります。太ってしまうと、成長ホルモンの分泌が少なくなり身長が伸びなくなります。

太らないために、肉類でも脂肪分の少ない赤身の肉や鶏ささみ、鶏もも肉などの高タンパク低脂肪の部位を選ぶようにしましょう。

豆類を多めに食べると、脂質がなく高タンパクでタンパク質摂取には効果的です。

 

身長と肥満の関係!太っている子供は身長が伸びない噂は本当なの?

 

さらに、成長ホルモンの分泌を上げるため、アルギニンを多く含む食事を心がけることです。

アルギニンは、普通にタンパク質を食べていてもなかなか必要な量を摂取できません。

そのため、アルギニンが入っている身長サプリで補うのが効果的です。

夕ご飯から寝るまでの時間に摂取すると、寝ている間に成長ホルモンの分泌を促すことになり効果的です。

 

効率よく身長を伸ばす方法は?

効率よく身長を伸ばすためには、「正しい運動」、「質の高い睡眠」、「栄養素」の3つに気を付けてください。

 

子供の身長を伸ばす正しい運動は、ジャンプ運動や有酸素運動を取り入れた運動です。

骨が成長する骨端線部分に刺激が与えられ、成長ホルモンの分泌で骨が成長していきます。

子供が楽しんで取り組むことが大切です。

 

質の高い睡眠は、程よく疲れてぐっすり眠れること。早寝早起きの習慣を心がけ早い時間い熟睡させることが大切です。

 

栄養面では、各栄養素をバランスよく摂取できることが大切。タンパク質やアルギニンは不足しがちなので、十分に摂取できることを心がけてくださいね。

 

以上の、3つの「運動」「睡眠」「栄養素」をあなたの子供のために意識してみてください。

 

最後に

栄養面で、肉を食べればタンパク質やアルギニンが摂取できるけど、食べ過ぎると、脂質を多く取り入れることになり身長が伸びにくくなります。

 

また、子供の好き嫌いで、豆類をたくさん食べてくれないこともあるんですよね。

牛乳は、たくさん飲むと、お腹を下すことも多いです。

 

そのため、効率よくタンパク質やアルギニンを取り入れて、バランスの良い栄養素を子供が摂取するには、どうしても栄養補助食品を用いることが効果的なのです。

 

その栄養補助食品が、身長サプリです。

 

身長サプリはたくさんありますが、栄養バランス、栄養面、子供が飲んでもよい安全性に関して徹底的に調べて、おすすめランキングを作りました、

 

身長を伸ばす方法・身長サプリランキング

 

しっかり理解して、子供が身長を伸ばせる環境を作れるように頑張っていきましょう。

 

身長を伸ばす方法を全部まとめました。是非参考にしてみてください。