煮干しは、カタクチイワシを乾燥させて作られるものです。

骨ごと食べることができるので昔から身長を伸ばす食べ物としてよく知られています。

 

もし、あなたの子供が身長が伸びてこない、身長を伸ばしたいと思っているならば、

煮干しを毎日のおやつとして食べさせると、身長がぐんぐん伸びてくる可能性が高まりますよ。

 

煮干しを食べると身長が伸びる理由!

子供が、煮干しを食べると身長が伸びる理由は、煮干しに含まれる栄養素にあります。

 

煮干しは、骨の構成物質であるタンパク質、カルシウム、マグネシウムを豊富に含み、カルシウムの吸収効率を高めるビタミンDに加え、血液を作る鉄分、各種ビタミン類なども豊富に含みます。

 

そのため、身長を伸ばす栄養素に関して、バッチリ栄養補給ができます。

 

これが、煮干しが身長を伸ばすのにおすすめな食べ物である理由。

 

小さなころから煮干しを食べ続けるなら、骨を丈夫にするので骨密度が高くなり骨粗しょう症のリスクが減ることに繋がります。

 

煮干しの栄養素!

煮干しに含まれる栄養素は、煮干し100グラム中、

カロリー332キロカロリー、タンパク質64.5グラム、脂質6.2グラム、ナトリウム1700ミリグラムカルシウム2200ミリグラムマグネシウム230ミリグラム、鉄分18ミリグラム、
ビタミンB1:0.1ミリグラム、ビタミンB2:0.1ミリグラム、ビタミンB6:0.28ミリグラム、ビタミンB12:41.3マイクログラム、葉酸74マイクログラム、パントテン酸1.81ミルグラム、ビタミンD:720マイクログラム
DHA:0.42グラムEPA:0.26グラム

含まれています。

 

煮干しのメリット!

煮干しのメリットは、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDがたくさん含まれていることです。

また、DHAやEPAも含まれることで学習面でも良い効果が期待できます。

さらに、ビタミン類、ミネラル類が豊富であるので、栄養素が満点の食品なのです。

 

煮干しのデメリット!

煮干しのデメリットは、ナトリウムが多く含まれている点です。煮干し100グラム当たり1700ミリグラムのナトリウムなので、塩分換算して4.3グラム。海水の濃度が、3.1%から3.8%程度と言われているので、海水よりも高い濃度含まれています。

 

大人の1日当たりの塩分量は、男性8グラム、女性7グラム以下なので、煮干しを食べすぎると塩分過多になってしまい、高血圧や成人病の原因になってしまいます。

 

一日あたり、最大でも30グラム程度食べる程度に抑えるようにしてください。

 

また、煮干しには、コレステロールも多く含まれています。プリン体の摂取量が多くなってしまうので、痛風などの原因になることもあります。

 

以上の理由で、煮干しを食べすぎることにより病気を引き起こす原因になってしまいますが、食べる量を一日当たり30グラム程度に抑えるならば、身長を伸ばすのにとってもお勧めな食品になってきます。

 

煮干しとカルシウムどっちが身長を伸ばすのにおすすめ?

煮干しと同じくらい有名な身長を伸ばす食品と昔から知られている食品が、牛乳です。

 

牛乳には、必須アミノ酸やビタミン類、ミネラル類が多く、乳糖がカルシウムや鉄分の吸収を助けるため栄養補給にはとてもお勧めな食品ですが、日本人の多くの人は、乳糖を分解する酵素の働きが弱く、お腹を下しやすい。

そのため、牛乳を飲んでも、体に吸収される栄養素は少なく、そのまま排出される人が多いのです。

 

牛乳もタンパク質、カルシウム、ビタミンDが多く含まれる食品ですが、吸収効率が悪いので、あまりお勧めできません。

 

しかし、煮干しなら、消化できないということはありません。

 

また、煮干しに含まれるカルシウムの吸収効率を高めるには、クエン酸を含む食品や、ビタミンCやビタミンDを含む食品と一緒に摂取するようにすることがおすすめ。

 

クエン酸を多く含む食品:

梅干し、お酢、レモン、パイナップル、モモなど

 

ビタミンCを多く含む食品:

いちご、柿、ミカン、キウイフルーツ、トマト、アセロラジュース、ゴーヤ、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワーなど

 

ビタミンDを多く含む食品:

イワシ、しらす、鮭、カツオ、マグロ、筋子、シイタケ、シメジ、ブナシメジ、マイタケ、キクラゲなど

 

煮干しを子供のおやつとして食べさせても良いですし、上記の食品と煮干しで簡単に食べられるように調理してもいいですよね。

細かく砕いて、振りかけると食べやすくなりますね。

 

身長を伸ばす方法!

煮干しには、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなど身長を伸ばす効果につながるたくさんの栄養素が入っています。

 

でも、身長を伸ばすには、煮干しの栄養素だけでは足りません。

 

成長ホルモンを十分に分泌させる必要があります。

 

そのためには、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを多く含む食品である牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、大豆、インゲン豆などの豆製品を多く摂取するようにしてください、

 

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促します。また、魚だけでなく、肉類の動物性タンパク質や豆類の食物性のたんぱく質をバランスよく食べることは、身長を伸ばすうえでとっても役立つことです。

 

また、身長を伸ばすには適切な運動や質の高い睡眠が重要です。特に、骨端線を刺激を促すジャンプ運動を取り入れた運動が身長を伸ばす効果が高いです。運動も睡眠も成長ホルモンを促し、身長を伸ばす効果に繋がります。

 

十分な栄養素を食事に加えて煮干しで補いつつ、適切な運動や質の高い睡眠により身長はぐんぐん伸びてくるのです。

 

まとめ

煮干しは、タンパク質やカルシウム、マグネシウムが豊富な骨を作る栄養素がたっぷり入った食品です。

そのため、毎日煮干しを30グラム程度食べることにより、身長を伸ばすための栄養素は十分に摂取できることができますね。

また、栄養素の吸収効率を上げるために、クエン酸、ビタミンC、ビタミンDを含む食品を一緒に摂取することが大事なこと。

 

さらに、成長ホルモンの分泌を促進させるために、アルギニンを含む食品である肉類、豆類を一緒に摂取したり、適切な運動、質の高い睡眠を確保することが心がけてくださいね。

 

注意したいことは、煮干しには、塩分が多く含まれること、コレステロールが高いこと。食べすぎに注意することを心がけてください。

 

煮干しは、高タンパク高カルシウム食品です。

有効に活用して子供が身長を伸ばすためにサポートしてあげてくださいね。

 

もし、食品だけでは栄養素に不安がある。なかなか身長が伸びてこないと感じているならば、身長サプリをおすすめします。

 

身長サプリには、煮干しに含まれる栄養素はもちろん、他の栄養素もバランスよく含まれているものが多いです。

子供の成長のために十分な栄養素を毎日摂取させるというのは思ったよりも大変なこと。

 

身長サプリは、子供の栄養バランスを強力にサポートしてくれるものです。

身長を伸ばす方法!子供の身長が伸びる飲み物サプリランキング!