小学生高学年から中学生の女の子の身長は、初潮(生理)がきたら身長が伸びないのでしょうか?

 

実際には、ほとんどの女の子は身長が伸びます。

 

しかし、初潮(生理)が始まる前の1年前くらいで身長の伸びのピークを迎える女の子が多く、生理が始まったときの伸びが緩やかになっていることから、身長が伸びないと感じるようです。

 

また、身長の伸びは、生理が始まってか2から3年後くらいに止まる女の子が多いので、身長がどこまで伸びるのか、初潮の段階で予測ができるようになっています。

 

初潮の時に身長と年齢から大人になったときの身長を予測する式があります。

 

大人の身長=初潮時の身長×0,983+(30-初潮年齢×1.58)

 

平均して初潮から6センチくらい伸びるようです。中にはほとんど伸びない女の子や10センチ以上も伸びる女の子もいます。

 

なので、身長を伸ばすため、初潮後の生活習慣に気を付けると、十分に身長を伸ばすことができるのです。

 

子供の身長はいつまで伸びる?身長が伸びる期間を伸ばす方法は?

 

初潮(生理)とは?

初潮は、初めての生理のことです。

脳から信号が視床下部、下垂体、卵巣へ送られ、女性ホルモンが分泌されることにより始まります。

卵巣や支給が育ち、赤ちゃんを産むための準備を始めているというサインなのです。

 

初潮が始まる時期は、平均的には12歳。身長は152センチ、体重は42.9キロ。

 

また、初潮前には、「身長が急に伸びている」「胸が膨らんできている」「陰毛や脇毛が生え始める」「皮下脂肪が増えて体が丸みを帯びてくる」「ニキビが出てくる」などの体の変化が現れてきます。

 

さらに、「下着におりものがつくようになる」「頭痛がする」「腹痛がする」「体がだるい」などが伴うことがあります。

 

これらの症状を実感するようになったら、ナプキンを持参するようにしましょう。

 

初潮(生理)の症状!

初潮のサインは、多くの女の子のショーツに茶色い血が付くことが多いです。

初潮の出血量は少なく、長めに続くことが多く、4日間から8日間ほどで出血が止まることが多いようです。

もし、14日以上続くようならば、医療機関を受診するようにしましょう。

 

初潮後の生理の期間は安定しないことが多く、無排卵出血もしばしば起きます。生理周期が安定するまでに1年から5年かかる女の子もいて個人差が大きいようです。

 

また、初潮がくる年齢も、9歳から16歳の間でくる女の子が多いです。

9歳よりも早く来る女の子や18歳になっても来ない女の子もいます。

 

9歳以下で初潮を迎える子は早期月経。18歳になっても生理が来ない場合には原発性月経と名前がついています。

初潮が通常の時期に始まらない場合には、視床下部、下垂体、卵巣や甲状腺の機能に異常がある場合があります。

 

子宮や卵管などの生殖器が未発達な先天異常の場合もあるので、異常を感じられる場合には、医療機関を受診するようにしてください。

 

生理がくると身長は伸びない?

生理がくると身長が伸びなくなるといわれますが、実際には、「生理がくると、もう少しで止まりますよ」ということ。

 

生理がくることにより、女性ホルモンの分泌が活発になります。

体が子供の体から大人の体に変わっていき、骨が成長する部分である骨端線の軟骨部分がなくなります。

大人の骨に変わっていくために、身長が伸びなくなります。

 

生理が始まったら身長の伸びが、2年から3年で止まってしまうということを理解してあげてください。

その上で、身長を伸ばすための方法を実践することで身長を伸ばすためのサポートをしてあげてくださいね。

 

身長を伸ばすラストスパートとして、身長を伸ばすため、栄養バッチリの身長サプリを飲ませてあげるのも一つの方法です。

 

子供の身長を伸ばす栄養素!背が伸びる効果のある栄養素や食べ物を徹底紹介!

 

初潮がくる前の女の子が積極的に摂取したい栄養素は?

初潮がくる前の女の子の身長を伸ばすために必要なことは、適切な運動、質の高い睡眠、そして、正しい栄養素の摂取です。

 

身長を伸ばすためには、骨の成長する部分である骨端線部分を刺激させるジャンプ運動を取り入れたスポーツをすることが有効なことです。

また、質の高い睡眠を得るために、早寝早起きを実践することがオススメ。

 

早寝早起きで夜の間質の高い睡眠が得られるようになると睡眠ホルモンのメラトニンが十分に分泌されるようになります。

メラトニンには、思春期を遅らせる作用もあるので、女の子の身長を伸ばす期間を増やすのに役立つものとしての効果もあります。

 

そのため、初潮がくる前の女の子におすすめなのが、骨を作る栄養素に加え、メラトニンの分泌を活性化させるタンパク質。

さらに、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンなどの栄養素がたっぷり入っているもの食べるようにしましょう。

 

つまり、アミノ酸タンパク質がたくさん摂取できる肉類、豆類、魚類、乳製品などをたっぷり食べるようにしてくださいね。

 

また、運動をサポートする面でも、ビタミン類、ミネラル類も欠かせません。

 

栄養素のバランスの良いサプリ、アルギニンを摂取できるサプリを飲ませておくことも身長を伸ばすのに役立ちます。

 

生理のある女の子が積極的に摂取したい栄養素は?

初潮が始まったら、身長を伸ばすために、2年から3年しか成長する期間がありません。

生理の期間に不足しがちになる栄養素は、特に、鉄分。葉酸、ビタミンB6,ビタミンEも血を作るために必要になってきます。

 

そのため、身長を伸ばすために初潮前よりもよりも、よりバランスの取れた栄養素が必要になってきます。

 

骨端線が閉じるまでに期間はあまり多くはないので、栄養素がたっぷり詰まった身長サプリを、ぜひ、摂取して身長をなるべく伸ばしてあげるようにしてくださいね。

 

さいごに

女の子は、小学生高学年から中学生卒業までの間に初潮を迎え、子供の体から大人の体へと変化していきます。

その過程で、骨端線が閉じることにより身長が止まります。

その期間の2年から3年が身長を伸ばす最後の時間です。

 

そのため、初潮(生理)が始まったら、特に、背が低い場合には、身長を伸ばすためのラストスパートと思い、栄養たっぷりな身長サプリを始めてみることをおすすめします。

 

生理が始まると、それまでに比べ、血液を作るために鉄、葉酸、ビタミンB6、ビタミンEなどの栄養素もたっぷりとならければいけません。

 

身長を伸ばすための骨の栄養素、成長ホルモン分泌のための栄養素も必要です。

 

身長を伸ばすため、適切な運動、質の高い睡眠、バランスの良い栄養素を心がけて、がっつり身長を伸ばせるようにしていきましょう。

 

身長を伸ばす方法・身長サプリランキング