身長を伸ばすうえで重要な要因は、成長ホルモンであることが分かっています。

そして、成長ホルモンを十分に分泌させるためには、「栄養素」「運動」「睡眠」が密接に関係しています。

 

身長を伸ばすことと成長ホルモン!

身長を伸ばすためには、成長ホルモンが十分に分泌されている必要があります。

成長ホルモンは、小さな子供から大人まで分泌するホルモンです。

 

子供の時には、身長が伸びるために必要な骨が成長してくれるので、成長ホルモンが体内に存在することによって、骨、筋肉、皮膚などが成長していき、身長が伸びるのです。

 

一方で大人になると、骨が成長しなくなるので、骨の成長を伴った成長はなくなります。しかし、筋肉などは、成長ホルモンが分泌されることで、どんどん成長していきます。

そのため、大人が体を鍛えるために、成長ホルモンの分泌を促す食品を取ること、運動を行うことが必要となるのです。

 

なので、身長を伸ばすためには、骨が成長できる間に、成長ホルモンの分泌を増やすことがとっても大切なことです。

 

睡眠と成長ホルモン!

睡眠は、成長ホルモンを分泌させるうえでとっても大切なことです。質の高い睡眠は、成長ホルモンをどんどん分泌させます。

そのため、小さな子供には十分な睡眠時間を確保するようにしてください。

「良く寝る子は育つ」

と昔から言われるように、たっぷり寝ている子供はぐんぐん育つのです。

 

目安として、小学生なら、夜8時から朝6時くらいまでの10時間。

中学生なら、よる9時から6時までの9時間は寝かせたいものですね。

 

逆に、夜遅くまで起きていたり、夜遅くまで明るい場所にいたりすると、質の良い睡眠が得られず、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

身長が伸びないと悩んでいる方の子供の就寝時間を聞いてみると、思ったよりも遅くまで起きていることが多いんですよね。

 

熱中していることがあると、寝るのが遅くなりがちですが、子供の身長を伸ばすために、シッカリと睡眠をサポートしてあげてくださいね。

 

運動と成長ホルモン!

運動をすることにより、成長ホルモンの分泌が活発になってくれます。

運動をすることで、体内の代謝が上がり、栄養素のめぐりが良くなり、細胞分裂により成長を促します。

 

また、適切な運動による刺激により、身長が伸びることが分かっています。特に、ステップやジャンプが多いスポーツを行う人に高身長が多いことから、バスケットボールやバレーボールなどが、高身長になるためにおすすめな運動であることが分かりますね。

 

さらに、十分に運動を行うと、全身が疲れてくれます。その結果、質の良い睡眠に繋がり、成長ホルモンの分泌量を増やし、身長が伸びやすい状態にしてくれます。

 

つまり、子供の身長を伸ばしたいと思ったら、室内でゲームをさせるのではなく、外で精いっぱい遊ばせるようにしてくださいね。

 

元気いっぱい遊んで、疲れ切って、早めに就寝し、いっぱい寝てくれれば、身長はぐんぐん伸びていきます。

 

逆にやってはいけない運動は、負荷がかかりすぎる運動です。重量挙げやマラソンなど、過度に負荷がかかるものは、体を傷つけ成長を妨げます。

 

栄養素と成長ホルモン!

栄養素も成長ホルモンを分泌させるのに重要な役割を果たします。

アルギニンは、アミノ酸の1種ですが、体の中で成長ホルモンの分泌を促す栄養素として知られるものです。

 

食品の中からアルギニンを必要量摂取しようとするなら、肉類を1日当たり500グラムとか、毎日食べる必要があります。食べている子供もいるかもしれませんが、それだけの量を毎日食べるのは、現実的ではないですよね。

 

そのため、子供の身長を伸ばすためにサプリメントを摂取させてください。

サプリメントは、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素が十分に含まれます。

正しいサプリメントを選べば、子供の身長が伸びるタイミングで、ぐんぐん背を伸ばすことに繋がります。

 

また、運動の時に栄養素が不足していると、エネルギーを得るため筋肉が分解することもあるので、運動する前にはシッカリ栄養素を摂取しておき栄養素が不足することがないようにしておきましょう。

 

十分な栄養素を摂取することで、運動時のアウトプットが上がり、質の良い睡眠に繋がって、成長ホルモンの分泌に繋がっていきます。

そして、成長のために栄養素がたっぷりある状況で、ぐんぐん背が伸びていくのです。

 

成長ホルモン注射と身長!

成長ホルモンが、上記の「睡眠」「運動」「栄養素」で分泌されない場合には、身長を伸ばすために成長ホルモン注射が選択肢に上がってきます。

 

成長ホルモン注射で身長を伸ばせる期間も、骨の成長が止まるまでです。男の子で17歳、女の子で15歳には骨の成長が止まってしまうので、それまでの期間になります。

 

周りの子供と比べて、子供の身長が低く、何とか伸ばしたいと考えている方は、一度、お医者さんに相談してみることをおすすめします。

 

成長ホルモン治療が必要な人は、成長ホルモン分泌不全症低身長症と診断された場合です。それ以外の子供は、「睡眠」「運動」「栄養素」で成長ホルモンを分泌させて身長を伸ばすことになります。

 

低身長症は?

低身長症とは、成長ホルモン分泌不全症低身長症のことです。

この症状の人は、同世代の中で2%程度の人がいると言われます。

 

この低身長症と診断される基準は、その子供の世代の平均身長から標準偏差の2倍の値を引いた値よりも小さい身長であること。さらに、アルギニンの投与テストを行い、十分な量の成長ホルモンが分泌されない場合に低身長症と診断されます。

 

低身長症と診断された子供が、成長ホルモンの投与を始めることができます。低身長症と診断されなければ、「睡眠」「運動」「栄養素」でシッカリと成長ホルモンの分泌を促すようにしてください。

 

成長ホルモン注射の効果と副作用!

成長ホルモンの投与は、もともと体から分泌されるものであるので、副作用はありません。成長ホルモンが投与されることにより、体内の細胞分裂が正常に行われ、骨の成長とともに、身長が伸びていきます。

 

成長ホルモン注射は、毎日行う必要があるため、在宅注を行う必要があり、両親や子供が自分で成長ホルモン投与を行います。

病院で看護師さんに売ってもらう注射と異なり、注射針も小さく数ミリ程度なので、簡単に使いこなすことができます。

 

この成長ホルモン注射は、骨の成長がストップするまで行うことができます。低身長症が疑われる場合には、なるべく早めに知ることで、早い段階から成長ホルモン治療ができれば、十分に身長を伸ばすことができます。

 

身長を伸ばすために必要なこと!

子供の身長を伸ばすためには、早い段階から、身長を伸ばすために必要なことをしていくようにしましょう。

 

最初に、成長ホルモンの分泌につながる「睡眠」「運動」「栄養素」に気を付けて実践してみてください。どうしても身長の伸びが周りの子供と比べて小さいようなら、お医者さんへ相談してみましょう。

 

早い段階から対処することで、十分に体を成長させることができますね。

 

成長ホルモンの分泌を促すサプリメントは?

子供の身長を伸ばすサプリメントはたくさん出ています。

どれを選んだらよいのか分かりにくいですよね。

 

そんなあなたには、アルギニンが1袋2500ミリグラム入っているドクターセノビルがおすすめです。

 

たっぷりアルギニンが入っているので、お肉料理を毎日食べなくても十分なアルギニンの摂取ができます。

 

もちろん、バランスよく栄養素が摂取できるように作られているのでその他の栄養素もバッチリです。

 

成長ホルモンは、子供の身長を伸ばすうえで、カギとなる要素なため、子供が十分に身長を伸ばせる環境を作ってあげるようにしてくださいね。

 

身長を伸ばす方法・身長サプリランキング